経営の行き詰まりを解消できる

男性

サーキュラーエコノミーというのは貴重な資源の有効利用と再使用そして再生利用等の循環を行うことによって、経営に新しい価値観を生み出し利益につなげる活動です。まず理想の経営というのは商品を製造し、それを販売することによって利益を上げます。そして上げた利益で商品の改良もしくは別の派生した商品を作って更なる利益を生み出すという好循環を生み出すことです。しかし長く経営をしていると、どうしても行き詰まりが生じてしまいます。行き詰まりが生じてしまう理由の多くはアイディアが生み出せなかったり、人やモノの循環がうまく行かなくなって製品づくりが滞ってしまったりすることなどが原因です。これらの問題というのは即効性がなく、気づいた時に少しずつ改善していくのが望ましいです。そこで気付いた時に行動を起こす際に、無駄を省き古いものを活用して新しいものを想像するサーキュラーエコノミーの考え方なのです。

働く人間が健康に働ける環境を作れる

会社

サーキュラーエコノミーのもう一つの利点は、やはり大切な従業員を健康的に働かせることができる環境づくりに役立てることです。経営の行き詰まりを感じると、それを解消するために働く人間すべてを動員して時間に関係なくアイディアを出そうと頑張り過ぎてしまいます。しかし頑張りすぎるのが悪というわけではないのですが、際限なくそれを行い続ければ人間が疲弊し企業の利益を損なうことになるのです。その点サーキュラーエコノミーで無駄を省くことができれば、しっかりと休憩と有休をとれる環境づくりができることで働く人間の健康を守り利益につなげることに役立ちます。

クラウド技術を利用する

PC

サーキュラーエコノミーを行うにはどうすればよいのかというと、先に言ったとおりに会社が持つすべての情報を一度引っ張り出してそれをまとめることから始めます。ただ集めた情報を会社全員に共有できなくては意味がないため、その情報をすべて電子化し社内クラウドで発進することになります。それによって過去の技術や現在の技術だけでなく、現在使われている資源の状態や個人の持つ資格などのノウハウまで見ることができます。それによって使える部分を把握するだけでなく、これまで無駄だったポイントを改善できるので利益につながるというわけです。

アウトソーシングでノウハウを構築する

男性

ただサーキュラーエコノミー自体が発案されて間もない新しい取り組みであるため、日本ではまだなじみがなくどうやって企業に取り入れたらいいのか分からないという場合も多いです。そのためサーキュラーエコノミーを行うのであれば、自社だけで行うのではなく最初はアウトソーシングという形で外部委託するのが良いです。近年ではクラウド技術を把握したアウトソーシング企業が沢山増えているので、これらの企業と提携して情報収集と活用法を実践すればサーキュラーエコノミーになります。その上でアウトソージング企業との提携でノウハウを構築したら、あとは構築したノウハウを基に独自の方法を考案して進めることで継続的な利益につながります。

広告募集中