HOME>アーカイブ>社員の安全を確認するということは企業にとっても必要

企業での導入

電話する女性

災害に備えるということはとても大切です。防災用品を整えておく、ということだけではなく企業であれば社員の安否確認も行わなければいけません。無事であることを確認するというのは大変なことですし、手間もかかってしまいます。時間をかけずに安否確認を行うために専門のシステムを導入することを考えてみるのもよいでしょう。一斉にメールを送信することができるので短時間で確認をすることができます。返信がどれくらいあったのかも数字でチェックをすることができるので便利です。時間をかけずに安否確認を行うことができるので、便利です。企業独自でシステムを導入しているところもありますし、専用のものをレンタルするという方法もあります。使い勝手がよくて出来るだけ短時間で対応をすることができるものを選んだほうが分かりやすいですし、管理もしやすくなるのでシステムもどういうものがあるのか調べておくとよいでしょう。

コストのチェック

指をさす女性

安否確認のための専用のシステムを導入する際には、どれくらいのコストがかかるのか、チェックをしておく必要があります。災害は突然やってくるものなので、いつ安否確認のシステムが必要になるのか分かりません。維持費がかかるから契約を切るということになってしまうと、必要な時に使うことができずに慌ててしまいます。ですから維持をするための費用も比較をしておくとよいでしょう。そうすることによって使いたい時、必要になった時にしっかりと運用をすることができます。高額費用がかかってしまうそうであれば、別のものを利用するなど工夫をすることができます。全く利用をしないというのは災害時に困ってしまうことになるので、廃止をするのは避けたほうがよいでしょう。

広告募集中